ビジネス英語って普通の英会話と違うの?

一口に英語といっても、ビジネスの場面で使われる英語はビジネス英語といわれています。

日常会話などで使われる英語とは微妙にちがって、ある程度ビジネスに即した会話や話し方のパターンがあります。

これは日本語に置き換えてみても分かりますが、友人同士でかわす会話と、接客や仕事で取引先やお客さんとかわす会話が違うのと同じと考えていいでしょう。

日常会話は堪能でも、ビジネス英語のスタイルを知らなければ、ビジネス相手からも評価は受けられませんし、社会人として公の場で働くことも難しくなります。

貿易や総合商社などで外国の取引先とのやり取りでは、ある程度ビジネス英語の専門的な学習が必要になります。

例えば、挨拶からはじまって、電話のかけ方、メールの書き方、スピーチやプレゼンの仕方など、ビジネス英語特有の形式があります。

またお礼や謝罪の際にも、スタイルを理解していないと相手に失礼にあたることもあり、ビジネスそのものが台無しになってしまうこともあります。

友人同士なら「Sorry」の一言でいいかもしれませんが、取引相手には、日本語でいえば「この度は大変申し訳ございませんでした」的な定型文が英語にもあります。

ですから、ビジネス英語を学ぶにはビジネス英語に特化して学ぶ必要があるのです。

書店にいけば、ビジネス英語関連のものもたくさんあるので、ひとつ手にとって見てみるといいでしょう。

また、TOEICやTOEFL、英検などと同じく、ビジネス英語の実力を客観的にはかるための検定試験もあるので、もし仕事で使う場合はそういった検定に合格することをオススメします。

ビジネス英語とはいえど、英語の勉強には変わりませんので、習得するにはある程度の時間がかかることは言うまでもありません。

そしてビジネス英語はビジネスにおいて実践で使用する英語です。

一度身につければ必ずやグローバルなビジネスマンとしての基盤にもなりますから、ぜひ身につけたいものです。

スピーキングスコア5.5以上を目指すならベストティーチャー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です