昨日の天皇賞 キタサンブラックの強さに感激!

現地で天皇賞を観戦したけれど、キタサンブラックの強さに感激しました。武豊騎手がお客さんの歓声を聞いた瞬間、反射的にガッツポーズが出たように私には思えました。この馬の父が、ブラックタイドでディープインパクトの兄になります。この2頭に騎乗していたのが武豊騎手です。そんな繋がりからか競馬場の歓声がとにかく凄かったように感じます。オーナーの北島三郎さんの目も息子をみるような感じでした。体調に関しては個人的に心配でしたが、表彰式に立った時に嬉しそうな表情は印象的でした。競馬の内容自体も、去年の天皇賞と比較にならないくらい強い競馬でした。個人的には、異次元の強さを持った馬だなと感じました。ペース的に先行馬は市住んでいくように思うのですが、良い脚が持続しスタートも悪くないので日の付け所のない馬だなと改めて感じました。次は宝塚記念との事ですが、今後の状態次第では凱旋門賞も視野に入っているらしいのでほんとうの意味で、お祭りになって来たなと感じます。アクシデントがなく順調に行ってほしいのと同時に、今後種牡馬になった時に誕生する産駒がどんな感じになるかワクワクした気持ちで楽しめそうです。昨日も本当に楽しかったなと思いました。

ローン 車査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です