それって私の仕事ですか?

子供のころから、自分の人生は大学を出て普通の企業に就職し、奥さんと子供に囲まれた普通の暮らしをしていくつもりでした。
会社からの独立や他の会社へ移るなんて、自分には全く縁のないことだと思っていました。子供のころはそんなもんですよね。
でも、実際は違ってました。確かに普通の大学を卒業し普通の会社に就職しました。そこまでは子供のころからの想定内です
。でも、普通の会社?いえ、普通のように見えているだけです。
企業としてなってないと強く感じたのは、会社の方針決定についていい加減なところです。
22歳の春に会社に入って20年経つと、今まで色々あってそれでも何とかこなして、我慢してそして今は中間管理職として、社長をはじめとする上層部(専務や常務や部長たち)のご意向を忖度しながら、ゆとり世代の部下たちを指導して業績を伸ばしていますよ。・・・ってイメージはありがちだと思いますが、全然違います。
まず、社長をはじめとする会社の上層部というのは、実際は社長とyesマンである取り巻きしかおらず、社長および社長のコピーロボットくんたちが、高い給与で在籍しているだけです。要は、各部の部長職はいるだけで、部長職の機能が働いていないのです。重要事項を判断する機能は社長一人の考えだけです。
会社全体の重要な事項や、本来は各部で判断すべき事項も、すべて社長判断です。
担当者判断ではなく、会社としての方針決定をして社としての対応が必要な時に、40代で課長の私が、部長に相談しても、すぐに「社長に聞いてみる。」というだけす。
まず、部としての機能が働いてないです。場合によっては「社長に聞いておいてくれ」くらいのこともあります。
そして、各部の問題ごとが社長に集中するので、社長も面倒らしく、社長の意向を聞きに行っているのに社長から、「どうしたらいいんだ?」と聞かれることもあります。
そして、私なりの考えを僭越ながらと言って伝えているのに、何度も「どうしたらいいんだ?」とか「君はどうするつもりだ?」と聞かれます。
私の考えとその考えが私の所属する部の意見であるとして、社長に進言しているにもかかわらず、会社のトップとしての判断で意思決定すべき場面で、課長の私に会社の方向性を決めさせるのですか?
この会社の方向性を決めるのは私?私が社長だったか?そんなことが、結構ありました。
もう、会社が組織として機能してないですよね。この会社にいたらダメだと感じる一幕でした。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

子供の誕生日メニュー

20代女です。

先日子供が2歳の誕生日を迎えました。

1歳の時はまだ食べられるものも少なく(離乳食だったので)、ケーキも地味。

というわけで、今回は張り切って誕生日メニューを考えました。

お子様ランチの定番、ハンバーグ、エビフライ、タコさんウインナー、スパゲッティ、キャラもののケーキなどなど。

お子様ランチって、人をワクワクさせる不思議な魅力がありますよね。

子供が喜ぶのは当然なんですけど、大人の私もメニューを考えたり、盛り付けを考えたり、作っている間もワクワクしっぱなしでした。

たくさんの料理を少しずつの量で作るのはすごく手間がかかりますが、その作業すら楽しい。

サプライズにしたかったのに、子供がちょこちょこ台所を覗きにくるので、誤魔化すのが大変でしたが…。

いざ食事の時間になり、特製お子様ランチを子供の目の前に持っていくと、にっこにこですぐさま「いただきます」のポーズ!

一つ一つ、「エビー!」「ゾウ(のピック)!」「タコ!」など、とてもいいリアクションをしてくれました。

一品ずつは少量といえど、全部だと結構量があったのに、あっという間にペロリ。

作ったかいがあったなぁ~としみじみ…。

何歳まで喜んでくれるかわからないけれど、できる限り毎年作ってあげたいなぁと思いました。

パイナップル豆乳ローション 楽天

話題のサプリのその効果ってほんと?いや嘘でショー

最低限決められた期間継続しないと、話題のダイエットサプリの効果は期待できません。したがって、自分自身が無理のないくらいのプライスのサプリを意識的に選択するのが何よりも重要です。
ダイエットする人の体調を整えてくれるものが、噂のダイエットサプリメントだと断言できます。一例として、体の新陳代謝をよくするにはアミノ酸が効くなどでしょう。

“話題のサプリのその効果ってほんと?いや嘘でショー” の続きを読む