ニキビで大切なことを心がけたら改善

ニキビに悩まされるようになったのは丁度中学生ごろの後半期に差し掛かった頃でした。
その頃はまだニキビに対してそれほど苦にはしてませんでしたけれど、その数が増えるようになりニキビを治さなければいけないと感じるようになりました。

そこでニキビに効果があると聞いてオロナインを塗りこんでは治るのを祈ってましたが、ただ思春期ニキビは後から後かどんどんと沸いて出てくるようにできてたので、あまり効果的でもありませんでした。
そうしてるうちに20代に突入してニキビは相変わらず変化無くでき続けてたんです。

ニキビ専用薬なども使っては見たものの変化なし、そこでとうとう皮膚科で相談したんですが、これも私にはあまり効果を見せてくれませんでした。
医師から言われた食生活や生活習慣を見直すことなど踏まえてどうにか自分で改善できないものかと、それらに取り組んでみることにしたんです。

まず食生活は油っぽいものを摂取しないように心がけました。
よく食べてたインスタントや肉類などがそれに当てはまります。
次に生活習慣ですが、とにかく夜更かしをしないように心がけてましたので、夜10時には就寝して起床は7時といったことを続けてみました。
何でも当時はかなり不慣れなことでしたが徐々に慣れていきました。
後は運動をするようにもしました。

そしてお肌は清潔にするようにしてながら気がついたらニキビは改善してたんです。
なのでまずは自分でできることから試してみると意外と早く解決させることができると思います。

ニキビ跡の凸凹クレーター肌は化粧水でケア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です