一旦ホワイトニングが綺麗に仕上がるとその後の喫煙も気が進まず

喫煙の際に出るヤニによって歯が酷く汚れてしまい、思い切ってホワイトニングを受けたら驚く程の歯の白さに感動してしまい、その状態を再び崩してしまうのがあまりにも勿体無く感じ、その後喫煙自体を止めてしまう… という人もいる様です。

私自身がかつてかなりのヘビースモーカーであり、直接健康に害は無かったもののヤニによる歯の黄ばみは最悪のレベル、既に歯を出して笑う事すら恥ずかしく感じるレベルでしたから、その後ホワイトニングを受ける決意を固めるのはそう難しい事ではありませんでした。

かなり頑固な黄ばみでしたから、事前の歯のチェックや歯石除去も含め、私が希望する白さにまで仕上がるには3回程の通院が必要となってしまいました。

ズボラでいい加減な性格な事もあり、自宅で行うホームホワイトニングは自分に不適だろうと判断。多少手間は掛かっても最後まで担当医に施術してもらう事にしました。

その分施術はスムーズに行え、前から見える範囲は歯の細かな隙間に至る隅々まで理想的な白さに仕上がり、大変満足。少し気になっていた施術中・施術直後の痛みも殆ど無く、一応日頃から行っていた念入りな歯磨きの成果が現れたと言えるでしょう。

ただここまで綺麗に歯が仕上がってしまうと、先に書いた通り再び喫煙で汚してしまう事に対する大きな躊躇いが湧いてきてしまうもの。再び歯を汚してしまえば当然今回と同じ費用が掛かる訳で、なるべくそのスパンを長くしたいと思うもの。

そんな訳で、その後は私もいつしか煙草を吸わなくなり、そのストレスは極力他の趣味で晴らそうと心掛ける様になったのは確かです。

歯の黄ばみをホワイトニング歯磨き粉できれいにしちゃおう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です