妊活のため、ピラティスを始めて体質改善することができました

結婚してすぐに妊活を始めましたが、1年経っても子宝に恵まれないので産婦人科へいくと、元々生理不順だったので婦人科体温計で基礎体温を測り、生理周期を整えることが大切だ、と婦人科の先生からアドバイスがありました。

冷え性で代謝も悪く、生理不順だったので、まずは冷え性を解消するようにピラティスやヨガを始めてみるのはどう?と言われたので、ピラティスを始めることにしました。妊活するには、生理周期を整え、女性ホルモンの分泌を促すことも重要になるな〜と実感することができました。ピラティスは週2回ほど通うようにしました。

汗をかく機会が今までなかったのですが、ピラティスをすると汗をかきますし、とても気持ち良いので快適になります。心身ともにリラックス効果もあり、かなり快適な時間を過ごすことができるので、なかなか満足できます。妊活のためにピラティスを始めてから、1ヶ月後にはきちんと生理があり、そして汗をかくようになり冷え性もだいぶ改善されたのがわかりました。

今までとは違い、代謝もアップしたので快適に過ごせるようになり、すっきりした気持ちになったのでとても楽しくなりました。基礎体温をつけ始め、ピラティスをするようになり、きちんと排卵も起こるようになったので、妊活もスケジュール調整しやすくなり、体のコンディションも整ってきたのが実感できるようになりました。ピラティスは妊活にかなり請おうか的だと体感することができました。

葉酸サプリの妊活への効果は?着床に向けての体づくりをします

意外と大変な転職

意外と大変であったのが、就職活動でした。色々と費用がかかることになりますが、まずは交通費などがあります。ですから、これが負担になることが意外と多かったのです。実は昔はそれなりに交通費を出すようなところも多かったのですが、今ではそうしたところのほうが圧倒的に少ないです。ですから、交通費などは完全に自分持ち、ということが多いですから、転職活動、就職活動をするのであればこれはしっかりと予算を確保しておいたほうがよいでしょう。そこをよく覚悟しておいたほうがよいでしょう。つまりは、どうしてもそこそこ費用がかかってしまうわけですから、そこで苦労することになります。しかし、確かに就職活動には色々と大変なことがありますが、それでも最終的には自分のためになることになりますから、これは実によいことになります。意外と就職活動を意外とよい経験になるわけですから、無駄になる、ということはまったくないでしょう。つまりは、交通費を出すことにも価値があることもあるのです。転職活動というのは、どうしても自分のことを好意的に見てくれるようなところを見つける作業になります。それを見つける行為が就職活動になりますから覚悟しておきましょう。それが物凄く手間がかかることがありますが、それでも十分にメリットがある行為になりますから、積極的にやっていきましょう。今ではかなり簡単に実行できるようになっていますが、そんなに頻繁にやるべきことではないということもあるのです。あまりころころと変えていることに関してはそれほどよろしくない、ということもあります。しかし、転職活動をすぐにするかどうかはともかくとして、転職サイトなどに登録しておくことにはメリットがあります。いつでも情報を入れておくことができるようになるわけですから、それで気が楽になる、ということがあるからです。こうすることによって、私はいつでも転職ができる、と思えるからです。

看護師 転職

就職活動、時短勤務を考えている方へ

1.フルタイム働けない
出勤時間が9時、定時が5時半のフルタイム勤務。たとえ残業がなくとも7時間半拘束されることになります。
尚且つ、職場までの通勤時間を考えると私たち子育てママはとてもでじゃないがフルタイムでなど働けません。子供が小さければ小さいほど手がかかり家事育児も大変なのです。
2.お金は必要
それでも働けなければ生活が回りません。
主人の収入だけでやっていける家庭もあればそうでない家庭もたくさんあります。
子供がいると、仕事を見つける事でさえ苦労します。
3.働き方
時短勤務といっても働き方は色々あります。
パート勤務や派遣社員、契約社員、正社員。
今では働く女性も増えてきて会社によっては時短勤務を考慮してくれているところも増えてきています。
4.時短勤務への会社の理解
なぜ、時短勤務が必要なのか。育児に介護など人それぞれに理由があるかと思います。
施設やヘルパーさんの決まった利用時間があるとそれに従わなくてはなりません。
保育園、幼稚園などの送り迎えがあれば通勤時間にされにプラスされるので、働ける時間も限られてきます。理解のある会社ではそれを考慮して時短勤務として雇ってくれます。
5.時短勤務が必要な人
ご主人や親など身内が近くにいる人は時短勤務でなくても頼ることが出来れば時短勤務でなくてもフルタイムで働く事は可能です。
しかし、身内が遠方な人、ご主人が単身赴任、親が共働きなど協力を得れない人は働きたくても働けないので時短勤務のシステムはとても有り難いですね!
まとめ
時短勤務を利用して、空いてる時間に働けるシステムはとてと有り難いことです。
どの職場もこのような環境が整えられていたら就職活動する際や急にフルタイムが困難になる人にとってはとても助かります。
有効に時間を利用できるシステムをもっと広がってたくさんの人が利用出来る世の中ななればいいですね。
今はパート、時短でしか働けなくても長い目でみればステップアップとして、派遣社員から直接雇用、直接雇用から契約社員、契約社員から正社員への道もあります。
今出来ることからステップアップするという道も考えてみてはどうでしょうか?

産業医への転職