誰でもすぐに始められる妊活

よく聞くことですが、避妊しなければそのうち妊娠するだろうと思っていた、まさに私もそのパターンでした。特に不健康ということもなく、生理が多少不順ということはあるにしても、来ないわけではないし1,2年すればできるだろうと思っていたのです。

実際、子供が欲しいと思い始めて1年後、妊娠検査は陽性を示しました。幸せと安心感を覚えたのもつかの間、何度超音波検査に通っても見えるのは空っぽの胎嚢だけ、胎芽は育ってくれませんでした。結果流産。

そこから真剣に自分の体調、卵子の質について考え、調べ、実行することにしました。いくつか試したことはあります。ザクロジュースを飲むこと、イブニングプリムローズオイル、足つぼなどです。

中でも最も力を入れたのが、徹底して体を冷やさない、温めることです。それまでは家では靴下を履かず、お風呂もシャワーで済ませ、飲み物は冷たいものが好きで、年中薄着をしていました。それらを全てやめ、お風呂には入れない日でも足湯だけはすることにし、飲み物はホットのルイボスティー、レッグウォーマーを履き、寝る時も靴下を履きました。だんだんポカポカしてくるのを感じました。同時に生理の周期がぴったり30日に定まってきました。

2度と流産したくないという気持ちから、自分の体調と真剣に向き合い、いい卵子を!と望み、たどり着いたのが「身体を温める」ということでした。流産から半年後に再度妊娠でき、無事に元気な男の子を出産することができました。

無添加で天然素材の葉酸サプリがいいとは限らない!

妊活になんでマカがいいの??

妊活を経て、無事に妊娠・出産をした人が、夫婦でマカを飲んでいたのがよかったというコメントを見ました。また、妊活にはマカがいい、というのも聞いたことがあります。マカとはなんなのでしょう?以前は、マカというと男性の精力剤のようなイメージで、女性の自分には縁がないと思っていました。しかし、調べてみると妊活に良い効果がたくさんあったのです。今回はマカについて紹介します。

マカは、南米のペルーに生息している植物でアブラナ科の根菜です。カブや大根の仲間になります。マカには、アルギニン酸、リジンというアミノ酸、カルシウム、鉄が多く含まれています。マカは、土の栄養をたっぷり吸い上げるので、1度マカを栽培した土地は、数年間不毛になると言われるほどです。

マカは、女性に対しては、ホルモンバランスを整え、冷えを改善するので、妊娠しやすい体作りに効果があると言われています。一方、男性には滋養強壮の効果があるので、元気が出ます。女性にとっても、男性にとっても、妊活に役立つ植物なのです。夫婦で疲れやすい、疲れがたまっている、スマホやパソコンを使っていて肩がこる…といった不調がある方は、飲んでみるといいでしょう。

わたしもマカのサプリを2種類ほど試してみたことがあります。飲んでみての感想は、葉酸サプリに比べて臭い!ということです。なんというか、口に入れてすぐに水で流し込まないと、口の中ににおいが充満する感じです。マカのサプリ自体は茶色っぽいものが多かったです。男性にも、女性にも良い効果があるみたいなので、1つ買って夫婦で飲めたところもよかったです。マカサプリの中には、妊活に良いとされる葉酸が含まれているものもあります。妊活でなくても、健康のためにもマカはいいと思います。

葉酸サプリのベジママにはどんな効果があるの?

まちがいの多いニキビケア用品:サッパリが売りのニキビケア用品

大人ニキビにはサッパリとした使用感が売りのニキビケア商品は適切ではありません。
確かにサッパリした化粧品を使うとテカリが抑えられて爽やかな気持ちになれます。

しかし大人ニキビは乾燥が原因で引き起こされています。
サッパリしたタイプは皮脂の分泌を抑えることが目的なので、乾燥対策ができません。
中には爽快感を出すためにアルコールを含んでいるものもあります。
アルコールは蒸発する時に肌に元々あった水分まで奪うため、余計に乾燥します
。肌の乾燥が悪化すると潤いを補給するために皮脂を過剰に出し毛穴を詰まらせるというのが大人ニキビのメカニズムなので、肌をしっかり保湿できないニキビケア用品では改善しません。

オイリー肌でニキビができていると考えている人も、実は肌内部は乾燥していて表面だけ皮脂でテカテカになっているというケースが多いので、内側の潤いを加えないと肌質は良くなりません。
使用感が好みでもサッパリタイプは単純に皮脂の分泌量が多い思春期ニキビ向けなので、大人のケアはしっとりタイプを選ぶことが重要です。
保湿成分で有名なものにヒアルロン酸がありますが、ヒアルロン酸は肌の表面に膜を張ることで潤いをもたらすので、白ニキビができやすいです。
悪化すれば赤ニキビとなりニキビ跡になる可能性もあります。

ニキビができている人はヒアルロン酸ではなく、セラミドを主成分としたニキビケア用品を使います。
セラミドは細胞と細胞をつなぐ細胞間物質で、肌の内側から水分を抱え込みます。
肌表面はテカっていても内部が乾燥している人が最も必要とする成分です。
セラミドが入っていればニキビケアのために作られた商品でなくても良いですが、セラミド入りのニキビケア用品ならば赤ニキビの炎症を抑える成分も入っていることが多いです。
化粧水だけだと水分が蒸発するので、ベタつきが不安でも乳液やクリームで蓋をします。洗顔後の乾燥を防げば皮脂は過剰に分泌しないので、油分で蓋をしてもベタつきません。

プラクネとは?最安値で購入する方法